産経ニュース

みなかみ町長、セクハラ訴えた女性を提訴 慰謝料1千万円と謝罪広告求める

ニュース 社会

記事詳細

更新


みなかみ町長、セクハラ訴えた女性を提訴 慰謝料1千万円と謝罪広告求める

前田善成みなかみ町長 前田善成みなかみ町長

 団体職員の女性から強制わいせつ容疑で被害届を提出された群馬県みなかみ町の前田善成町長(50)が、被害を受けたとされる女性を相手取り、虚偽の主張で名誉を毀損されたとして、慰謝料1千万円を求め、前橋地裁沼田支部に提訴したことが8日、関係者への取材で分かった。提訴は同日付。

 前田町長側は1千万円の慰謝料に加え、報道各社に対する虚偽の説明により失墜した名誉を回復するため、新聞各紙への謝罪広告掲載を求める。

 前田町長は4月18日夜、町内で開かれた団体の飲み会で、女性に抱きついたり、キスをしたりしたとされる。産経新聞が入手した訴状によると、女性が提出した被害届の内容を「事実無根」とし、セクハラにあたる行為もなかったと否定。加えて、女性の証言を裏付ける証拠はなく、「到底信用できるものではない」と主張している。

 一連の問題をめぐっては、町長のセクハラ疑惑を発端に町政が混乱したとして、町議会が7月27日に不信任決議を可決。町長は辞職せず、今月6日に町議会を解散した。

このニュースの写真

  • みなかみ町長、セクハラ訴えた女性を提訴 慰謝料1千万円と謝罪広告求める
  • みなかみ町長、セクハラ訴えた女性を提訴 慰謝料1千万円と謝罪広告求める

「ニュース」のランキング