PR

ニュース 社会

児童扶養手当詐取未遂疑い 妻再逮捕、部屋に夫遺体

Messenger

 茨城県かすみがうら市のアパート一室で、コンクリートのような物に詰められた住人の会社員、氏家昇さん(33)の遺体が見つかる事件があり、県警は8日、昇さんとの離婚が成立したように装い児童扶養手当を受給しようとしたとして、詐欺未遂などの疑いで同居していた妻、美穂容疑者(44)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は4月13日、離婚したようにみせかけて、低所得の一人親に支給される児童扶養手当を申請し、受給しようとしたなどとしている。

 県警は先月18日、虚偽の離婚届を3月28日に提出したとして有印私文書偽造などの疑いで美穂容疑者を逮捕。アパートを捜索した結果、クローゼットで袋状の物に入ったコンクリートとみられる塊を見つけ、中の遺体を確認した。

 捜査関係者によると、美穂容疑者はこれまでに「夫の首を絞めた」と供述している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ