PR

ニュース 社会

熱中症対策で夏休み延長検討を通知 文科省

Messenger

 全国的な猛暑が続き、児童生徒が学校での活動中に熱中症になる恐れがあることから、文部科学省は7日、都道府県の教育委員会などに対し、必要に応じて夏休みの延長や臨時休業日の設定を検討するよう求める通知を出した。

 通知では、気象状況に注意し、児童生徒の健康を最優先に考えるよう要請。年間の総授業時間数の確保にも留意し、夏休みの延長などをした場合は、冬季に休暇の短縮や土曜授業の実施を検討するとした。

 文科省は7月、愛知県豊田市で校外学習から戻った小学1年の男児(6)が熱中症で死亡したことを受け、対策の徹底を呼び掛ける事務連絡を発出。スポーツ庁も部活動中の事故防止を促す通知を出している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ