産経ニュース

【文科省汚職】過剰接待、別の元役員指示か 東京地検が立件視野に捜査

ニュース 社会

記事詳細

更新

【文科省汚職】
過剰接待、別の元役員指示か 東京地検が立件視野に捜査

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐる汚職事件で、贈賄容疑で逮捕された医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司(こうじ)容疑者(47)による文部科学省幹部らへの過剰な飲食接待について、同社の元役員の男性が指示していた疑いがあることが5日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は元役員の立件も視野に捜査を進めているもようだ。

 この事件で、文科省前国際統括官の川端和明容疑者(57)=収賄容疑で逮捕=は、JAXA理事に出向中の平成27年8月~29年3月、医療コンサル会社に便宜を図るなどし、その見返りに東京都内の飲食店などで計約140万円相当の飲食接待を受けた疑いが持たれている。

 関係者によると、谷口容疑者は24年ごろには川端容疑者から紹介してもらう形で複数の文科省幹部らを飲食接待。元役員は谷口容疑者から接触状況の報告を受け、接待相手などを指示していたという。

 法人登記によると、コンサル会社は22年設立で谷口容疑者と元役員は27年7月に取締役に就任。谷口容疑者は今年2月に解任され、元役員は谷口容疑者が逮捕された直後の7月6日に辞任していた。

「ニュース」のランキング