PR

ニュース 社会

【栃木女児殺害】控訴審の藤井敏明裁判長 刑事畑のベテラン、導入初期の裁判員裁判を担当 

藤井敏明裁判長(桐原正道撮影)
Messenger

 栃木女児殺害事件の控訴審を担当した藤井敏明裁判長(62)は、司法研修所教官なども務め、刑事裁判の経験が長いベテランだ。東京地裁の裁判長として、初期の裁判員裁判の審理を多数担当した。

 藤井裁判長は昭和57年4月に任官。最高裁調査官や司法研修所教官、長野地家裁所長などを経て、平成27年から東京高裁の裁判長を務めている。

 21年5月に裁判員制度が導入される直前に東京地裁の裁判長となり、初期の制度運用を担った。24年3月には、覚醒剤を密輸したとして覚せい剤取締法違反罪などに問われたラトビア国籍の被告に無罪を言い渡した。

 東京高裁では28年3月、スイス在住の資産家夫婦を殺害したとして強盗殺人罪などに問われた被告の控訴審判決で、1審の裁判員裁判の死刑判決を支持。被告側の控訴を棄却した。

 29年2月には、裁判所の接近禁止命令に反して長男が通う学校を訪れたとして、ドメスティックバイオレンス(DV)防止法違反罪に問われた父親に逆転無罪を言い渡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ