PR

ニュース 社会

【栃木女児殺害】母への手紙は「殺人を謝罪したもの」 獣毛は「被告の飼い猫由来で矛盾せず」 東京高裁

 勝又拓哉被告
Messenger

 平成17年に栃木県今市市(現日光市)の小1女児を殺害したとして、殺人罪などに問われた勝又拓哉被告(36)を1審宇都宮地裁の裁判員裁判判決に続いて無期懲役とした3日の東京高裁判決で、藤井敏明裁判長は、被告が逮捕後に母親にあてて書いた謝罪の手紙の趣旨を「殺人を犯したことを謝罪する手紙だ」と判断した。

 藤井裁判長は1審を破棄した上で「間接証拠などから、被告が殺害の犯人だと認められる」として、改めて無期懲役を言い渡した。

 被告は逮捕後に「今回、自分で引き起こした事件、お母さんや、みんなに、めいわくをかけてしまい、本当にごめんなさい」(原文まま)とする手紙を母親に書いていた。藤井裁判長は「『事件』が女児殺害を指すことは明白。被告が犯人でないとすれば、この手紙を書いたことを合理的に説明できない」とした。

 また、1審は、遺体に付着していた獣毛のDNA型鑑定結果から「被告の飼い猫の毛である可能性が高い」としたが、藤井裁判長は、鑑定が同じDNA型を持つ猫が地域的に偏在する可能性を適切に踏まえていないことなどから「獣毛が猫の毛で、被告の飼い猫に由来するものとして矛盾しないことまでしか認定できない」とした。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ