産経ニュース

“五輪バブル”で内部不満表出? 「JOCなどが指導強化すべき」 専門家が指摘 ボクシング連盟不正疑惑

ニュース 社会

記事詳細

更新


“五輪バブル”で内部不満表出? 「JOCなどが指導強化すべき」 専門家が指摘 ボクシング連盟不正疑惑

2日、報道陣に囲まれながら高校総体の会場を後にする吉森照夫副会長=岐阜市 2日、報道陣に囲まれながら高校総体の会場を後にする吉森照夫副会長=岐阜市

 競技団体の問題が相次いで表面化する背景に何があるのか。友添秀則・早稲田大教授(スポーツ倫理学)は「強化資金やスポンサーがスポーツに集まる『五輪バブル』がある」と語る。バブルで流れ込んだ資金や人が絡み「トラブルが表に出やすくなった」と分析。「役員交代で終わる話でなく、組織全体で自浄作用を働かせる必要がある」

 競技団体のガバナンス(統治)に詳しい境田正樹弁護士は、多くの団体が内閣府から規制を受ける公益財団法人であるのに対し、日本ボクシング連盟は規制がゆるい一般社団法人だと指摘。「治外法権のような状況。各団体への予算配分を担う日本オリンピック委員会(JOC)などが指導に乗り出すべきだ」とした。

 JOCと日本スポーツ協会は2日、日本ボクシング連盟に対し、第三者委員会を設置して調査を要請する方針を固めた。期限を区切って報告を求める。3日にも通知する。

「ニュース」のランキング