PR

ニュース 社会

DM汚職事件、元郵便部長に懲役3年求刑 横浜地裁

Messenger

 ダイレクトメール(DM)発送を巡る郵便汚職事件で、日本郵便会社法違反(加重収賄)と背任の罪に問われた横浜市の青葉郵便局の元郵便部長、長谷川彰被告(52)の論告求刑公判が2日、横浜地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれ、検察側は懲役3年を求刑し、結審した。判決は9月6日。

 検察側は論告で「立場を最大限利用した犯行は計画的で巧妙。郵便事業の信用を失墜させた」と指摘。弁護側は最終弁論で「被害弁償するとしており更生は可能」と執行猶予付き判決を求めた。

 起訴状によると、昨年1~8月、DM発送代行会社「ティーティーオー」が持ち込んだDMの過少申告を黙認する見返りに、代行会社側から飲食店などで26回、計約61万円の接待を受け、昨年8月には正規料金との差額約190万円の損害を日本郵便に与えたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ