PR

ニュース 社会

カナダ行きフィリピン機が羽田に緊急着陸 エンジン故障 深夜の「緊急事態」宣言

Messenger

 1日午後11時5分ごろ、フィリピン・マニラ発、カナダ・バンクーバー行きフィリピン航空116便ボーイング777が、第1エンジン故障のため緊急事態を宣言し、2日午前0時55分ごろ、羽田空港に着陸した。

 国土交通省東京空港事務所によると、火災やけが人の情報は入っていない。搭乗者数は387人で、機長が羽田空港への着陸を要請したという。空港事務所が詳しい状況を確認している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ