PR

ニュース 社会

個人情報窃取どう防ぐ? 不審なメール・サイト開かない/操作を止める

Messenger

 クレジットカードの個人情報を盗み取られた場合、実際に犯罪者がその情報を不正利用し、身に覚えのない支払い請求が届くまで利用者が気付くことは難しい。コンピューターウイルスは、偽メールや不正サイトを通じて感染するため、不審な添付ファイルやサイトを開かないことが対策の大前提となる。不正なプログラムが入り込んできたことを通知する対策ソフトの導入、またはソフトの更新を怠らないことも重要だ。

 ウェブインジェクションが入ったウイルスに感染してしまった場合は、カード会社のサイトなどを閲覧すると、偽の認証画面が表示されるようになる。デザインが実際のサイトと同じ仕様のため、外観で気付くことは困難という。ただ、買い物をするわけではないのに、カード決済時に必要なセキュリティーコードの入力を求められるなど、注意すれば不審な点が見つかるケースもある。

 神戸大大学院の森井昌克教授(情報通信工学)は、政府など公的機関のホームページを閲覧する際にも、リンクをたどるうちに気づかぬまま危険なサイトにアクセスし、ウイルスに感染するケースもあると指摘。「クリックや情報入力を求められても、操作の意味が理解できなかったり、不審だったりしたら『とにかく立ち止まる』ことが重要。いったん操作を止めて、詳しい人に聞くなどしてほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ