PR

ニュース 社会

花火暴発、7人軽傷 岩手、打ち上げ後に落下

Messenger

 28日午後7時50分ごろ、岩手県二戸市金田一で開かれていた夏祭りで、打ち上げ花火が地面に落ちて暴発、観客7人が脚などに軽いやけどをした。

 二戸署などによると、けがをしたのは2歳の女児、女子高生2人、大人の女性と男性が各2人。花火は「金田一温泉まつり」のプログラムの一環で、高台から打ち上げた花火が空中で爆発せずに地面に落下、観覧していた人たちの近くで暴発したという。目撃者が二戸署に通報した。

 同署が詳しい原因を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ