PR

ニュース 社会

山形市で道路が陥没、車4台落ちる 現場で送電線工事

県道地下への送電線埋設工事で陥没した穴=29日、山形市城南町(東北電力提供)
Messenger

 29日午前0時半ごろ、山形市城南町の県道を走行していた車の男性から「道路が陥没し、車が落ちてぶつけた」と110番があった。このほか走行中の車両計3台が落ち、タイヤがパンクしたり車両が破損したりするなどの被害が出た。

 現場は、JR山形駅から北西に約1キロの住宅地。県道18号の地下深さ3メートルに送電線を通す管路(約1・8キロメートル)を埋設する工事で、東北電力が大成建設、ユアテック、升川建設の3社で組むJVに発注した。陥没した部分は、長さ約3メートル、幅約1メートル、深さ約30センチで、すでに工事を終え舗装したばかりだったという。

 事故原因ついて、東北電力とJV3社で調査をしており、首に違和感がある人が出ているという。東北電力山形支店は「関係各位にご迷惑とご心配をおかけし、深くおわび申し上げます。原因究明と再発防止に努めたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ