PR

ニュース 社会

【台風12号】西日本を西進 土砂災害に警戒呼び掛け

台風12号 暴風でめくれ上がったアパートの屋根=29日午前8時15分、奈良市敷島町(大塚聡彦撮影)
Messenger

 台風12号は、29日午前1時ごろ、三重県伊勢市に上陸した。強い勢力ではなくなったが、昼ごろにかけて暴風域を伴ったまま西日本を西に進むとみられ、西日本の広い範囲で30日にかけて非常に激しい雨が降る見込み。土砂災害や河川の氾濫などの恐れがあるとして、気象庁が警戒を呼び掛けている。高潮の危険もある。

 台風は29日午前6時現在、兵庫県明石市付近を時速約35キロで西へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径70キロ以内が風速25メートル以上の暴風域で、中心の北東側330キロ以内と南西側220キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。

 30日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、四国と九州北部が250ミリ、中国と九州南部が200ミリ、東海と近畿が150ミリ、関東甲信が100ミリ。その後の24時間でも四国と九州北部で100~200ミリ、東海と九州南部で100~150ミリ、近畿で50~100ミリ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ