PR

ニュース 社会

【オウム死刑執行】「再審請求中は執行回避」傾向は変わるのか 13人中10人が請求 「引き延ばし」批判も

Messenger

 オウム真理教元教祖、麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=本名・松本智津夫(ちづお)、執行時(63)=ら死刑が執行された13人のうち10人は再審請求中だった。これまで再審請求中の死刑囚は執行しないという傾向があったが、現在収容中の確定死刑囚のうち約8割が再審を請求。「執行引き延ばし目的」との批判も出ていた。再審請求中の10人が執行されたことでこれまでの傾向が一変する可能性がある。

6人は1回目

 関係者によると、13人のうち岡崎(現姓・宮前)一明(かずあき)=執行時(57)、端本(はしもと)悟=同(51)=両元死刑囚と土谷正実元死刑囚=同(53)=の3人を除く10人が再審請求中だった。うち6人は1回目の請求だったという。

 刑事訴訟法は、死刑判決確定の日から6カ月以内に執行を命じると定めるが、再審請求の手続きが終了するまでの期間は6カ月に含めないとも記載。この間の執行命令を禁じる規定はないものの、運用では「再審請求や恩赦出願などを行っておらず、予定もない」(法務省関係者)ことが重視され、再審請求中の執行を回避する傾向があった。

 しかし金田勝年氏が法相だった平成29年7月、再審請求中の1人を執行。以前にも請求中の執行例はあったが、金田氏は「再審請求をしているから執行しないという考えは取っていない」と強調した。同12月にも請求中の死刑囚に対し執行。オウム真理教事件の死刑囚の執行への“地ならし”との見方もされていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ