PR

ニュース 社会

SNSの自殺書き込みの監視強化 政府が青少年ネット環境整備計画決定

首相官邸で開かれた子ども・若者育成支援推進本部の会合=27日午前
Messenger

 政府は27日、子ども・若者育成支援推進本部(本部長・安倍晋三首相)の会合を官邸で開き、インターネットが原因の犯罪被害やトラブルから子供たちを守るための「第4次青少年インターネット環境整備基本計画」を決定した。

 神奈川県座間市で9人が殺害された事件を受け、会員制交流サイト(SNS)での自殺関連の書き込みの監視強化や、小学校低学年のネット利用普及を踏まえ、低年齢層の保護者を対象とした安全利用啓発の推進などを盛り込んだ。

 首相は「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境を作りだすため、施策の実現に全力を尽くすように」と述べた。

 基本計画は「利用者の低年齢化が顕著となっている」と分析したほか、座間市の事件でネット投稿が悪用されたケースを例に挙げ「新たな課題が生じている」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ