PR

ニュース 社会

当選無効退けた判決確定 埼玉・春日部市長選

Messenger

 昨年10月の埼玉県春日部市長選を巡り、僅差で落選した岩谷一弘市議(52)が、選挙の手続きに問題があったとして4選した現職、石川良三氏(67)の当選無効を求めた訴訟は27日、請求を棄却した東京高裁判決が確定した。岩谷氏が期限までに上告しなかった。

 岩谷氏は「今後は市議として、市政の監視を行ってまいります」とのコメントを出した。

 市長選の投開票は昨年10月22日で、石川氏と岩谷氏は8票差だった。市選挙管理委員会は昨年12月、有権者の異議申し立てを受けて投票用紙を再点検。票差は5になったが、当選者は変わらないとして申し立てを棄却していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ