PR

ニュース 社会

茨城大女子大生殺害事件、被告に無期懲役 「犯行は執拗で残虐」

ランパノ・ジェリコ・モリ被告(提供写真)
Messenger

 平成16年1月、茨城大農学部2年の原田実里(みさと)さん=当時(21)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われたフィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)の裁判員裁判の判決公判が25日、水戸地裁で開かれ、小笠原義泰裁判長は「殺害に主体的に関与しており、刑事責任は重大だ」として、求刑通り無期懲役を言い渡した。

 判決理由で小笠原裁判長は「犯行態様は執拗(しつよう)、残虐で殺意の強固さも明らかだ」と指摘し、「若さや飲酒が犯行に影響した」として有期刑を求めた弁護側の主張を退けた。

 判決によると、ランパノ被告は16年1月31日午前0時から同6時半ごろまでの間、フィリピン国籍の同僚だった男2人と共謀し、茨城県阿見町の路上で原田さんを車に連れ込み、同県美浦村の清明川に向かう車内で暴行を加えて首を絞め、川岸で首を刃物で複数回切り付けて殺害した。

 県警は発生から13年以上が経過した昨年9月、遺体から検出されたDNA型などを基にランパノ被告を逮捕。被告の同僚だった当時未成年のフィリピン人の男2人を共犯として国際手配しているが、事件後に帰国しており立件の見通しは立っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ