PR

ニュース 社会

年内にも運行会社提訴へ 軽井沢バス事故の遺族

 記者会見するスキーバス事故の遺族会代表の田原義則さん。年内にもバス運行会社を提訴する方針を明らかにした=22日午後、東京都千代田区
Messenger

 平成28年に大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町のスキーバス事故の遺族会「1・15サクラソウの会」が22日、東京都内で会合を開き、年内にもバス運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)を相手に損害賠償を求めて訴訟を起こす方針を決めた。会合後、遺族会メンバーが弁護士同席で記者会見した。

 遺族会によると、請求額や訴訟を起こす裁判所、運行会社以外の相手方については、協議して今後詰める。遺族会に不参加の遺族とも、訴訟への参加、不参加について話し合う方針。

 遺族会代表の田原義則さん(52)は記者会見で「再発防止のため、なぜこうなったのかをはっきりさせたい」と強調した。長野地検が、業務上過失致死傷容疑で書類送検された運行会社社長らの処分を出していないことに触れ「早く社長らを起訴してもらい、刑事裁判で責任の所在を明確にした上で提訴したい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ