PR

ニュース 社会

米貨物機からパネル落下か 成田、ポーラーエアカーゴ

Messenger

 22日午後7時半すぎ、成田空港に到着した米アンカレジ発の米ポーラーエアカーゴ958便ボーイング747貨物機から、右側エンジン内側のパネルがなくなっているのに点検担当者が気付いた。国土交通省成田空港事務所は、飛行中に落下した可能性があるとしている。

 同事務所によると、パネルは長径約30センチ、短径約15センチの楕円形でアルミ製。滑走路を一時閉鎖して調べたが発見できなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ