PR

ニュース 社会

不法残留容疑で市職員逮捕 札幌、中学校で英語担当

Messenger

 札幌・東署は22日までに、在留期限が過ぎても国内に滞在していたとして、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、米国籍で、札幌市非常勤嘱託職員のメンドーサ・マウリシオ容疑者(29)を現行犯逮捕した。逮捕は21日付。同署によると、メンドーサ容疑者は札幌市の中学校で英語を活用した授業を担当していた。

 逮捕容疑は、在留期限が6月26日だったのに、更新や変更をせず、期限が過ぎても日本に残留したとしている。

 同署によると、21日夕、パトロール中の署員が、イヤホンをしながら自転車に乗っていたメンドーサ容疑者を職務質問し、身分証の提示を求めたことで発覚。「忙しくて手続きに行けなかった」と容疑を認めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ