PR

ニュース 社会

文春記事めぐる名誉毀損訴訟で和解成立

Messenger

 週刊文春が平成26年に報じた「ベンチャー企業家の男性が投資家から集めた資金を不正流用し全額喪失した」とする記事で名誉を傷つけられたとして、この男性が発行元の文芸春秋と記事を書いた契約記者に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟は20日、東京高裁(萩原秀紀裁判長)で和解が成立した。

 昨年3月の1審東京地裁判決は、「記事が真実だったとは認められない」として文春側に計220万円の賠償を命じていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ