PR

ニュース 社会

茨城のアパート遺体、不明の夫か 虚偽離婚届の疑い住民の女逮捕  

遺体が発見されたアパート。規制線が張られ、警官が立つ。メディアの姿もある=20日午後、茨城県かすみがうら市稲吉東
Messenger

 茨城県警は20日、同県かすみがうら市稲吉東のアパートの一室から遺体が見つかり、現場の状況から死体遺棄事件として調べていると明らかにした。

 県警は18日、虚偽の離婚届を同市役所に提出したとして、有印私文書偽造・同行使の容疑で、遺体が見つかった部屋に住む派遣社員、氏家美穂容疑者(44)を逮捕。自宅を捜索したところ遺体が見つかったという。

 氏家容疑者は同居していた夫(33)の行方不明届を3月9日に同署に提出し、同月28日に離婚届を同市役所に提出していた。部屋には長女(12)と双子の長男(4)、次男(4)も住んでいる。

 県警は遺体の身元や死因の特定を急ぐとともに、氏家容疑者が遺体について事情を知っているとみて調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ