PR

ニュース 社会

女子高生に強制わいせつの元千葉県警機動隊員に猶予付き判決 千葉地裁

Messenger

 少女3人にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪や県青少年健全育成条例違反罪に問われた元千葉県警第2機動隊員、明智洋平被告(24)に対する判決公判が19日、千葉地裁で開かれた。佐藤恭子裁判官は「犯情は重いが、反省しており、社会で更生の機会を与えるのが相当」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年6月)の判決を言い渡した。

 判決によると、平成28年6~7月、女子高生2人を転倒させてわいせつな行為をしたほか、29年9~10月、18歳未満と知りながら当時15歳の少女にみだらな行為をした。転倒させられた女子高生のうち一人は徒歩で、一人は自転車に乗っていた。

 明智被告は今年3月、懲戒免職処分を受けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ