PR

ニュース 社会

茨城女子大生殺害事件、フィリピン人被告に無期懲役求刑

ランパノ・ジェリコ・モリ被告(提供写真)
Messenger

 平成16年1月、茨城大農学部2年の女子学生=当時(21)=が殺害された事件で、殺人と強姦致死の罪に問われたフィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)の論告求刑公判が19日、水戸地裁(小笠原義泰裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。判決は25日に言い渡される。

 起訴状によると、ランパノ被告は16年1月31日午前0時から同6時半ごろまでの間、フィリピン国籍の男2人と共謀し、茨城県阿見町の路上で、女子学生を車に連れ込み、同県美浦村舟子の清明川に向かう車内で暴行を加え、手などで首を絞めた。さらに、清明川の河口付近で首を刃物で複数回切り、胸部を先のとがったもので複数回突き刺して殺害したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ