PR

ニュース 社会

交番に尿入りペットボトル置く 業務妨害容疑で52歳無職男逮捕 神奈川・茅ケ崎

Messenger

 交番に尿を入れたペットボトルなどを放置し、警察官の業務を妨害したとして、神奈川県警茅ケ崎署は18日、偽計業務妨害の容疑で、同県茅ケ崎市南湖の無職、尾瀬修二郎容疑者(52)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は3月下旬から4月上旬にかけて、4回にわたり、同署の茅ケ崎駅南口交番などに「忘れ物」とメモ書きを添えて、尿の入ったペットボトルやカップ麺の空き容器、割りばしを放置し、警察官の業務を妨害したとしている。

 同署によると、尾瀬容疑者は警察官が交番を離れている間を狙って犯行を繰り返していた。尿を満たした500ミリリットルのペットボトル8本が同時に置かれていたこともあったという。

 防犯カメラの映像やDNA型鑑定などの結果、尾瀬容疑者が浮上した。取り調べに対し、「警察官に『歩きたばこをしている人などを注意してほしい』と頼んでも、取り合ってくれなかったのでやった」などと供述しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ