PR

ニュース 社会

千葉小3女児殺害 地検も控訴 渋谷恭正被告に死刑回避の地裁判決不服

 渋谷恭正被告
Messenger

 昨年3月に千葉県松戸市のベトナム国籍の小3、レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、千葉地検は18日、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた元保護者会長、渋谷恭正被告(47)への死刑求刑を退け、無期懲役とした6日の千葉地裁の裁判員裁判判決を不服として控訴した。無罪主張の被告側は、即日控訴している。

 判決によると、昨年3月24日、登校中のリンさんを軽乗用車に乗せて連れ去り、わいせつな行為をした上、首を圧迫して窒息死させ同県我孫子市の排水路脇に遺棄した。

 野原俊郎裁判長は判決理由で「犯行は卑劣で悪質」と指摘。一方、死刑回避の理由は、無期懲役の他の同種事件と比べ「殺害方法の執拗性、残虐性は高くなく、殺害行為に計画性がない。死刑が真にやむを得ないとは言えない」と説明した。リンさんの父親ら遺族は極刑判決を求め、検察側に控訴を要望していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ