産経ニュース

車掌居眠り…45人が特急列車乗降できず JRしおさい5号

ニュース 社会

記事詳細

更新


車掌居眠り…45人が特急列車乗降できず JRしおさい5号

 JR東日本千葉支社は11日、八街駅(千葉県八街市)に到着した東京発銚子行き特急しおさい5号の車掌が居眠りしていたため、ドアが開閉せず、乗客約45人が乗り降りできなかったと発表した。

 同支社によると、40代の男性車掌は11日午後2時半ごろ、駅到着直前から居眠りし、ドアの操作をしなかった。運転士も客室の物音に気を取られて気づかず、そのまま発車した。降車できなかった乗客が車掌に指摘して発覚した。

 車掌は「走行中に体調が悪くなり、トイレに行った後、睡魔に襲われた」と話している。同日午前の点呼では健康状態に異常はなかったという。乗降できなかった客は後続の電車などで移動した。

 同支社は「迷惑を掛けおわびする。二度とないよう指導を徹底する」としている。

「ニュース」のランキング