産経ニュース

海保ヘリから表皮落下、被害情報なし 鹿児島

ニュース 社会

記事詳細

更新


海保ヘリから表皮落下、被害情報なし 鹿児島

 第10管区海上保安本部(鹿児島)は11日、鹿児島航空基地に所属するヘリコプター「せとわし」から、主翼部分を保護する厚さ約0.3ミリのアルミニウム製表皮が一部剥がれ落ちたと発表した。被害の情報はない。

 基地によると、落下した表皮は長さ約20~25センチ、幅約6センチで、重さは6グラム以下。主翼を構成する5枚の羽根の1枚から剥がれたとみられる。

 ヘリは訓練飛行のため11日午前10時半すぎ、鹿児島空港を離陸。種子島を経由し、午後、同空港に戻り格納庫に収容する際、整備士が気付いた。

「ニュース」のランキング