産経ニュース

【西日本豪雨】安倍首相「プッシュ型支援」強化を指示 11日に岡山県を視察へ

ニュース 社会

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
安倍首相「プッシュ型支援」強化を指示 11日に岡山県を視察へ

平成30年7月豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=10日午前、首相官邸(春名中撮影) 平成30年7月豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(手前から2人目)=10日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は10日、首相官邸で開いた西日本豪雨に関する「非常災害対策本部会議」で、被災支援のために平成30年度予算の予備費を活用して、被災地からの要請を待たずに食料やエアコン、仮設トイレなどの物資を送る「プッシュ型支援」を強化するよう指示した。予備費は約20億円規模になる見通し。首相は11日の岡山県を皮切りに順次、被災地を視察する。政府は災害復旧作業を支援するため、近く開かれる閣議で西日本豪雨を激甚災害に指定する方針だ。

 官邸では各省庁の事務次官級で構成する「被災者生活支援チーム」の初会合も開かれた。首相も出席し、「大切なのは現場主義を徹底することだ。職員を現場に投入するなど、生の情報に基づいて被災地のニーズを先取りし、スピーディーに対策を実行に移していってほしい」と指示した。

 「プッシュ型支援」は、大規模な地震や水害などの発生時、被災自治体が必要な物資や量などを正確に把握することは難しいため、国の判断で必要不可欠と見込まれる物資を送るシステム。東日本大震災で支援物資が迅速に行き渡らなかった反省を踏まえ、24年6月に改正した災害対策基本法に盛り込み、28年4月の熊本地震で初めて本格実施された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍首相「プッシュ型支援」強化を指示 11日に岡山県を視察へ

「ニュース」のランキング