PR

ニュース 社会

【オウム死刑執行】麻原元死刑囚神格化、遺骨奪い合い警戒 ヨガ、占い、SNS…勧誘入口 正体隠し、若者狙う

Messenger

 ×  ×  ×

 ひかりの輪は麻原元死刑囚への帰依を否定し、「健全な思想教室」をうたう。しかし近年の公安調査庁の立ち入り検査で仏画の掲示が確認され、同庁は「仏画は麻原元死刑囚の化身」と指摘。「ひかりの輪はアレフの別動隊で、実質的に同一だ。思想教室は隠れみのにすぎない」とみる。

 東京地裁は昨年、ひかりの輪の主張を認める形で団体規制法に基づく観察処分を取り消した。国側が控訴し、今年1月には公安審査委員会が観察処分の更新を認めたが、公安関係者内では「厳しかった世間の目が緩んできた表れかもしれない」と危機感がある。

 死刑執行で麻原元死刑囚の神格化が進むことへの懸念も強い。公安調査庁の調査官は「死刑執行で今後、どのような反応が教団内に起きるか想像もつかない。観察がなくなれば、信徒内に“危険な芽”が生じても把握できなくなる」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ