PR

ニュース 社会

【オウム死刑執行】賠償訴訟、長期化の様相

Messenger

 公安調査庁によると、後継団体は、セミナーを開いて信者から参加費や布施を継続的に得ている。保有資産は28年10月末時点で約9億1千万円に上るといい、機構は「支払い能力はある」と主張する。

 アレフ広報部はホームページで、「会計処理が不透明」「被害者救済の受け皿たり得る根拠を明らかにしていない」などと機構を批判している。機構はアレフのこうした主張は支払いを先延ばしにする「口実に過ぎない」として、法廷での追及を進める考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ