産経ニュース

【オウム死刑執行】公安調査庁が札幌アレフ立ち入り 近隣住民は「不安」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【オウム死刑執行】
公安調査庁が札幌アレフ立ち入り 近隣住民は「不安」

アレフ施設への立ち入り検査に向かう公安調査庁の調査官ら=6日正午ごろ、札幌市白石区 アレフ施設への立ち入り検査に向かう公安調査庁の調査官ら=6日正午ごろ、札幌市白石区

 オウム真理教から改称した「アレフ」の国内最大規模の拠点である札幌市白石区の施設では6日朝から、約40人の報道陣が集まり、物々しい雰囲気に包まれた。

 正午すぎ、公安調査庁の職員が訪れ、正面入り口のインターホンで「速やかにドアを明けなさい」と告げた。しばらくやりとりした後、裏口にまわり、約10人態勢で立ち入り検査に入った。

 同施設は鉄筋コンクリート4階建て。窓は白いカーテンが閉め切られて中の様子はうかがえなかったが、ビル1階駐車場のシャッターから男性と女性の大きな声が漏れきこえてきた。

 立ち入り検査は、死刑執行を受けて信者らの後追い自殺なども懸念されることから教団や信者らの動向に変化がないのかを調べるという。

 近くの町内会の男性役員(70)は「死刑のニュースをテレビで見て知りました。どうなるのか…。不安です」と話していた。

 この男性によると、先月に新しく3件の町内会に入りたいという申し入れがあったという。1人は30代前後の若い女性で信者と思われるたが要請に沿って町内会の規約などの情報を渡したという。「信者でも町内会に入りたいといわれると断ることはできない」と当惑した様子で話していた。

「ニュース」のランキング