PR

ニュース 社会

青梅市工事で談合疑い、会社代表を逮捕 積算額メール通知 警視庁

Messenger

 東京都青梅市発注の工事をめぐり、ほかの業者と談合して受注したとして、警視庁捜査2課は5日、公契約関係競売入札妨害容疑で、同市の建設会社「酒井組」代表、酒井政修(まさみち)容疑者(62)を逮捕した。酒井容疑者が部下に指示し、ほかの業者に自社の積算関連の書類をメールしていたことも捜査関係者への取材で判明。自社の入札額より高い金額で入札するよう求めるためとみられ、捜査2課は酒井容疑者が談合を取り仕切っていたとみて解明を進める。

 逮捕容疑は、平成29年4月21日に指名競争入札が行われた青梅市発注の工事をめぐり4月上旬~中旬、指名されたほかの業者に入札への不参加や自社を上回る金額で入札するよう依頼し、談合したとしている。

 市関係者によると、工事は道路脇の壁を設置するもので、市が指名した10社のうち、酒井組を含む5社が入札し、3社が辞退、2社が不参加だった。

 工事の予定価格は1億518万1200円(税抜き9739万円)で、酒井組が落札率99・6%に当たる9700万円で落札した。それ以外に入札した4社は予定価格と同額を提示していた。酒井容疑者は入札した4社と不参加の2社に談合を持ちかけたという。

 酒井容疑者は地元の建設業者でつくる「青梅建設業協会」で10年間会長を務めており、協会の会合の席や電話などで依頼していたとみられる。捜査2課は、6社の幹部や営業担当者についても任意で捜査を進める。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ