産経ニュース

崩れた土砂に車乗り上げ 北海道、大雨で交通乱れ

ニュース 社会

記事詳細

更新


崩れた土砂に車乗り上げ 北海道、大雨で交通乱れ

大雨の影響で列車が運休し、対応に追われるJR北海道の駅員=5日午前、JR札幌駅 大雨の影響で列車が運休し、対応に追われるJR北海道の駅員=5日午前、JR札幌駅

 北海道では5日、台風7号から変わった温帯低気圧の影響で、南西部を中心に大雨が続いた。自動車道で崩れた土砂に車が乗り上げたほか、鉄道など交通が乱れた。気象庁は一部地域に土砂災害警戒情報を出し、注意を呼び掛けた。

 道警などによると、5日午前5時45分ごろ、八雲町黒岩の道央自動車道で、のり面が高さ約5メートル、幅約12メートルにわたって崩れ、土砂が車道に流れ込んだ。走行中の車1台が土砂に乗り上げたが、運転していた40代の男性にけがはなかった。岩内町は、町内を流れる二つの川が氾濫する恐れがあるとして、355世帯660人に避難勧告を出した。

 JR北海道によると、根室線や札沼線などの一部区間で終日運転を見合わせ、札幌と釧路を結ぶ特急など230本以上を運休とした。6日午前6時までの24時間に予想される雨量は、日本海側や太平洋側西部の多い所で100ミリ。

「ニュース」のランキング