産経ニュース

男性の遺体に残された獣毛「クマと異なる」 秋田の国有林で警戒続く

ニュース 社会

記事詳細

更新


男性の遺体に残された獣毛「クマと異なる」 秋田の国有林で警戒続く

 秋田県は4日、同県仙北市の国有林で動物に襲われ死亡したとみられる男性の遺体付近から採取した獣毛1本をDNA型鑑定した結果、「クマの体毛とは異なった」と発表した。ただ、現場の状況などから依然クマに襲われた可能性は高いとみており、警戒を続ける。

 県によると、男性の遺体は6月23日に見つかり、大型動物がかんだり引っかいたりしたような痕があったため、秋田県立大に鑑定を依頼していた。秋田森林管理署などは同28日から現場付近への立ち入りを禁止している。

 現場付近では毎年クマの目撃が相次いでおり、昨年5月にもクマに襲われたとみられるタケノコ採りの女性の遺体が見つかった。

「ニュース」のランキング