PR

ニュース 社会

仮想通貨フィッシング 闇サイト「仕掛け」売買 価格800円、素人も参戦…

Messenger

 その中では回答の謝礼として「0・005~0・02ビットコイン(同約3500~約1万4千円相当)」を提示。参加希望者にリンクをクリックするよう促し、偽サイトに誘導した上で、報酬の振込先となる利用者の仮想通貨口座「ウォレット」の認証番号を入力するよう求める。

 凝ったものでは、仮想通貨の情報提供をかたる手口も。古くなったウォレット内の仮想通貨を別のウォレットに移す方法を「画像付きで説明します」として偽サイトに誘導。そこで操作に必要な情報として、IDとパスワードを入力させるわけだ。

 仮想通貨を不正に得る手口としては、乗っ取った他人のパソコンで「マイニング(採掘)」と呼ばれる作業を行うことが主流だった。

 トレンドマイクロの岡本勝之セキュリティエバンジェリストは「今後は(フィッシングのような)直接的に窃取する手法も拡大してくるだろう」と注意を呼び掛けている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ