産経ニュース

【衝撃事件の核心】狙われた建設業界の「一人親方」 チェック甘い労災保険制度につけ込む公金詐取の巧妙な手口

ニュース 社会

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
狙われた建設業界の「一人親方」 チェック甘い労災保険制度につけ込む公金詐取の巧妙な手口

 他人になりすまして労働者災害補償保険(労災保険)に加入し、休業補償給付金をだまし取っていた男が警視庁に詐欺容疑で逮捕された。男は組織に所属せず、従業員を雇用することもない個人事業主として現場を渡り歩く「一人親方」の労災保険制度のチェックが甘いことにつけ込み、不当に保険金をせしめていたという。制度の穴を付く巧妙な公金詐取の手口とは?

狙われた「一人親方」の特殊事情

 5月31日、警視庁捜査2課は、平成26年9月上旬~27年1月下旬の間、労災保険から休業補償給付金をだまし取った詐欺容疑で、東京都江戸川区新堀のトラック運転手の男(56)を逮捕した。

 捜査関係者によると、男は他人になりすまして労災保険に加入。就業中の負傷で働けなくなった場合に休業補償給付が受けられる制度を悪用し、6回にわたって計約350万円をだまし取ったとされる。

 男が詐欺を働くうえでの舞台装置として悪用したのが、建設業界で「一人親方」と呼ばれて一般化している事業形態だった。

続きを読む

「ニュース」のランキング