PR

ニュース 社会

「俺の女にしてやる」…早大教授、教え子にセクハラ発言か 被害申し立て

早稲田大学=東京都新宿区(桐山弘太撮影)
Messenger

 文芸評論家としても知られる早稲田大大学院の渡部直己教授(66)から「俺の女にしてやる」などとセクハラやパワハラの疑いがある発言を繰り返されたとして、教え子だった20代女性が大学側に被害を申し立てたことが25日、関係者への取材で分かった。渡部氏は取材に「相手の気持ちに寄り添った対応を怠ったことを猛烈に反省している」と話した。

 大学側は調査委員会を設置し事実関係の確認を進めている。女性は今春退学した。渡部氏は取材に対し、具体的な発言内容について「大学が調査しており、答えられない」と説明している。

 申立書や女性によると、女性は平成28年、早稲田大文学学術院に入学。渡部氏に授業の聴講を促され「俺が入学させてやった」などと言われた。その後も作家や作品の評価を巡り一方的にののしられるなどした。

 昨年4月には「作品をみてやる」と大学近くの飲食店に呼び出されたが、渡部氏は作品の講評はほとんどせずに「俺の女にしてやる」と複数回迫ったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ