PR

ニュース 社会

君が代、都の敗訴見直しか 最高裁で弁論

Messenger

 卒業式などで起立して君が代を歌わなかったため退職後に再雇用されなかったのは違法として、東京都立高の元教諭22人が都に損害賠償を求めた訴訟の上告審弁論が25日、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)で開かれた。最高裁は通常、2審の結論を変更する場合に弁論を開く。7月19日に指定された判決で、都の敗訴とした1、2審判決を見直す可能性がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ