PR

ニュース 社会

「開運の先生」自称し当せん番号詐欺、かけ子3人を逮捕 被害総額1億3000万円か 

Messenger

 「開運の先生」を自称し、数字選択式宝くじ「ロト6」の当せん番号の情報提供料を名目に現金100万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は詐欺容疑で、東京都西東京市南町の無職、川嶋健太容疑者(31)ら男3人を逮捕した。3人は詐欺電話のかけ子で、昨年10月以降、被害は全国で少なくとも約40件(被害総額約1億3000万円)に上るとみられる。

 捜査2課によると、詐欺グループは「開運ブレスレットを無料で差し上げます」などと書いたダイレクトメールを送りつけ、問い合わせの電話をかけてきた相手を狙っていたという。

 逮捕容疑は6月中旬ごろ、長野県飯田市に住む50代の女性会社員宅に「私はロト6の当せん番号を導き出すことができる」などと電話をかけ、女性に現金計100万円を振り込ませてだまし取ったとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ