産経ニュース

福島県クレー射撃協会が補助金450万円不正受給 領収書偽造、県体協が刑事告訴検討

ニュース 社会

記事詳細

更新


福島県クレー射撃協会が補助金450万円不正受給 領収書偽造、県体協が刑事告訴検討

 福島県体育協会は14日、県クレー射撃協会が2013~17年度の5年間にわたり、領収書を偽造し県の補助金約450万円を不正受給していたと明らかにした。体育協会は補助金の全額返還を求めており、詐欺容疑での刑事告訴も検討する。

 補助金は福島県がスポーツ振興のため、体育協会を通じ各競技団体に支給している。射撃協会からの内部告発を受けて調べたところ、不正が発覚。体育協会によると、射撃協会は印鑑を無断で作製したり、白紙の領収書をもらったりして、練習場使用料や弁当代などの名目の領収書を偽造。補助事業の報告書に添付した5年間の領収書109枚は、全て偽造だった。

 15~17年度に会計を担当した60代の男性は、17年度の補助金のうち、60万円を「自分で使った」と認めている。13~14年度に担当した別の男性は、不正は否定しているという。

 会員の選手は、射撃協会から年に数万円を手渡され、練習場の利用料や道具代に充てていた。

 体育協会は、使途不明の分も着服の可能性があるとみて調べている。

「ニュース」のランキング