PR

ニュース 社会

【千葉・9歳女児殺害】混合DNA型、リンさんと被告のもの 京大・玉木敬二教授が証言 渋谷被告裁判員裁判第6回公判

渋谷恭正被告
Messenger

 昨年3月、千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた元同小保護者会長、渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判第6回公判が12日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれ、京大医学部の玉木敬二教授(法医学)がリンさんの遺体などから採取されたDNA型の鑑定結果について証言した。主な内容は次の通り。

 【DNA型鑑定の正確性】

 玉木教授 同じDNA型を持つ人は地球上に他にいないと考えてよい。リンさんのDNA型と同じ型を持つ人は42京(けい)人に1人(京は1兆の1万倍)、渋谷被告については97垓(がい)人に1人(垓は1兆の1億倍)と、非常に低い確率だ。

 犯行に使われたとされる手錠についての鑑定資料を分析すると、3人分のDNA型が混合していると考えるのが妥当だ。手錠は渋谷被告の持ち物なので、1人は被告。さらに分析すると、残り2人にリンさんが含まれる可能性は、リンさんが含まれない可能性の28京倍高いと分かる。したがって、手錠から採取した試料にリンさんのDNA型が含まれていたと認められる。

 リンさんの腹部についての鑑定資料も同様に分析すると、2人分のDNA型が混合したものとみられ、リンさんのものに渋谷被告のDNA型が混合した可能性は、被告以外のDNA型が混合した可能性の350京倍高く、混合DNA型はリンさんと渋谷被告のものと認められる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ