PR

ニュース 社会

東京・新宿で車が横断歩道の歩行者はね7人重軽傷 運転していた男を逮捕 警視庁

 東京都新宿区大久保付近で交通事故を起こした車=12日午前9時43分
Messenger

 12日午前8時40分ごろ、東京都新宿区大久保3丁目付近の交差点で、乗用車が横断歩道を歩いていた歩行者7人をはね、左側の歩道に乗り上げた。警視庁新宿署によると、負傷者は26~56歳の男女で、全員意識はあり、男性3人が重傷、4人は軽傷とみられる。

 乗用車は赤信号の交差点に突っ込み、横断歩道を歩いていた人たちをはねたという。同署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の容疑で、運転していた東京都町田市の会社員、大野純一容疑者(52)を現行犯逮捕した。

 大野容疑者は「赤信号で止まろうとしたら、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と供述しているという。

 現場はJR高田馬場駅から南に約500メートルで、付近には早稲田大や学習院女子大のキャンパスがある。事故当時、近くで清掃作業をしていた男性は「女性の『ぎゃー』という悲鳴を聞いて駆けつけたら、交差点内で男性が倒れていた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ