産経ニュース

【袴田事件再審取り消し】DNA型鑑定「新手法」の信用性を全面否定 科学的に確立せず…地裁決定と真逆の結論に

ニュース 社会

記事詳細

更新

【袴田事件再審取り消し】
DNA型鑑定「新手法」の信用性を全面否定 科学的に確立せず…地裁決定と真逆の結論に

 昭和41年に静岡県清水市(現静岡市清水区)で一家4人が殺害された「袴田事件」で11日、東京高裁が袴田巌元被告(82)の再審開始決定を取り消した。静岡地裁が決め手としたDNA型鑑定に用いられた新手法をめぐり、約4年にわたり検察、弁護側が攻防を繰り広げた即時抗告審。高裁は「確立した科学的手法とはいえない」として信用性を全面的に否定し、真逆の結論を導いた。

 元被告に再審開始の道を開いたのがDNA型鑑定だった。弁護側は第2次再審請求審で犯行着衣とされた5点の衣類のうち半袖シャツの血痕のDNA型が「元被告のものではない」とする鑑定結果などを「新証拠」として提出、地裁の再審開始決定につながった。

 5点の衣類は、事件の約1年2カ月後に工場のみそタンクから見つかった。みそ漬けの衣類からDNA型を抽出するために筑波大の本田克也教授が用いた新手法が「細胞選択的DNA抽出法」だ。血液細胞を集める作用のある「抗Hレクチン」を使い、血液由来のDNA型のみを選択的に抽出する手法で、刑事裁判の証拠となるDNA型鑑定で初めて用いられた。

 一方、検察側は「独自の手法で信用できない」として検証実験を行うよう高裁に要請。検証実験を担当した大阪医科大の鈴木広一教授は「レクチンにはDNAを分解する酵素が含まれている」として、新手法は「不適切」とする報告書を提出した。これを基に検察側は新手法の有効性が否定されたと主張し、本田、鈴木両氏の鑑定人尋問も非公開で実施された。

 高裁決定はまず、新手法で古い血痕から血液由来のDNA型の鑑定に成功した例がこれまで報告されておらず、科学的に確立していない手法だと指摘。「手法や結果の信頼性を慎重に吟味することが必要不可欠」とした。その上で、新手法は研究途上の段階で、試料が汚染される危険性も否定できない手法であることなどから、新手法での鑑定結果を「新証拠」として認めた地裁決定は「証拠の評価を誤った」と結論づけた。

 新手法での再現実験を試みたもののDNA型を検出できなかったという関西医科大の橋谷田真樹准教授(法遺伝学)は「誰が再現しても同じ結果が出なければ信頼性のある手法とはいえず、高裁の判断は妥当。DNA型鑑定は証拠能力が高いと思われがちだが、どのような手順で行われたのかという検証が不可欠だ」としている。

「ニュース」のランキング