産経ニュース

【袴田事件再審取り消し】検察粛々「犠牲者のことも考えるべき」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【袴田事件再審取り消し】
検察粛々「犠牲者のことも考えるべき」

 「法と証拠に基づいて裁判所が判断した」。袴田巌元被告の再審開始決定を取り消した11日の東京高裁決定に、主張が認められた形の検察側からは評価する声があがった。

 検察側はDNA型鑑定結果などの弁護側証拠の信用性を一貫して否定してきた。鑑定結果の誤りが判明したことで再審開始が決定した足利事件などとは「根本的に異なる」との見方が大勢だ。ある検察幹部は「静岡地裁の判決がおかしかった。高裁は最高裁に判断を委ねたのだろう」と話した。

 高裁は刑と拘置の執行停止については取り消さなかった。別の検察幹部は「法的矛盾があれば異議申し立てを検討する」としているが、「逃亡や自殺の恐れがなければ、高齢などで拘置に耐えられないから停止するとの判断はあり得る」との見方もある。

 今後は弁護側の特別抗告を受けた最高裁が再審開始を認めれば、静岡地裁でやり直しの裁判が開かれる。逆に高裁決定と同じ判断をすれば、再審開始を認めないことが確定する。地裁や高裁に審理のやり直しを命じることも考えられ、長期化も予想される。

「ニュース」のランキング