産経ニュース

フェイスブック、中国企業とデータ共有 端末メーカー60社とも 米議員が安全保障問題視

ニュース 社会

記事詳細

更新


フェイスブック、中国企業とデータ共有 端末メーカー60社とも 米議員が安全保障問題視

米フェイスブックの「いいね!」ボタン(ロイター) 米フェイスブックの「いいね!」ボタン(ロイター)

 米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は6日までに、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を含む約60社の端末メーカーに利用者データへのアクセスを許可していたと明らかにした。米上下両院の議員は、安全保障上の問題が指摘される中国企業に個人データが共有された恐れがあるとして、FBに詳細な説明を求めている。

 米ニューヨーク・タイムズが3日、FBが利用者から明確な許可を得ないで、メーカーに個人データへのアクセスを認めていたと報じた。これに対しFBは、初期のスマートフォンなどではFBのシステムを端末ごとに作る必要があり、メーカーと提携したと説明。不正利用は確認されていないとしている。

 端末メーカーは米アップルや韓国サムスン電子、米アマゾン・コム、カナダのブラックベリーなどのほか、中国の華為、聯想(レノボ)グループ、OPPO(オッポ)、TCL集団が含まれる。

 FBの個人情報流出問題では、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が4月に米議会の公聴会に出席した。米議員はザッカーバーグ氏が公聴会で端末メーカーとの提携を明らかにしなかったことも問題視している。(共同)

「ニュース」のランキング