PR

ニュース 社会

ひき逃げ疑い15歳少年逮捕 パトカーから逃走中、男性20メートル引きずる 北海道

Messenger

 北海道警旭川東署は6日、無免許運転の車でパトカーから逃走中、郵便配達中のバイクの男性をはねて重傷を負わせ、そのまま逃げたとして、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、旭川市、自称大工の少年(15)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月28日午後、同市の市道で軽乗用車を無免許運転中、対向してきた郵便局職員の男性(44)の業務用バイクをはね、手首の骨を折る重傷を負わせた上、車を置いて逃げたとしている。男性は車に約20メートル引きずられたとみられる。

 署によると、車には他に15~16歳の少年3人も同乗し、車はこのうち1人の祖母の所有だった。「車がなくなった」と家族が110番し、パトカーが車を見つけて停止を求めると逃走。住宅街を逃げ回ったため、パトカーは危険と判断し追跡を中止していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ