PR

ニュース 社会

「寒そうだったので毛布かけただけ」 コインパーキングミイラ化遺体で女逮捕 警視庁

ミイラ化した遺体が見つかった現場のコインパーキング。6日昼の営業再開後はすぐに満車となった=東京・赤羽(丸山汎撮影)
Messenger

 東京都北区のコインパーキングで駐車車両からミイラ化した遺体が発見された事件で、車内に男性の遺体を放置したとして、警視庁赤羽署は6日、死体遺棄容疑で、住所不詳のパート、渡辺喜美枝容疑者(53)を逮捕した。「放置はしていない」と容疑を否認している。遺体は渡辺容疑者の知人男性とみられ、同署で身元の確認を急いでいる。

 逮捕容疑は6月初旬から5日ごろまでの間、同区赤羽北のコインパーキングに駐車した自身が所有する軽乗用車の車内に、成人男性の遺体を放置したとしている。

 同署によると、車の中に渡辺容疑者の勤務先が書かれたメモがあり、6日に都内の勤務先に出勤してきた渡辺容疑者を署に任意同行して事情を聴いていた。

 男性の遺体は全身がミイラ化していたものの、目立った外傷はないという。渡辺容疑者は「男性は昨年12月に亡くなった。寒そうだったので毛布をかけておいた」などと供述しており、同署で男性が死亡した詳しい経緯を調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ