PR

ニュース 社会

食事与えず放置、容疑で父母を逮捕 東京・目黒の女児虐待死

結愛ちゃんが暮らしていたアパート=3月、東京都目黒区
Messenger

 東京都目黒区のアパートで3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=が父親からの暴行直後に死亡した事件で、警視庁捜査1課は6日、衰弱した結愛ちゃんを放置して死亡させたとして、保護責任者遺棄致死容疑で、父親の船戸雄大被告(33)=傷害罪で起訴=と母親の優里(ゆり)容疑者(25)を逮捕した。

 捜査関係者によると、雄大容疑者らは容疑を認め、「虐待がばれると思い、病院に連れて行かなかった」という趣旨の供述をしているという。

 逮捕容疑は、目黒区東が丘の自宅アパートで1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、暴行を加えるなどして衰弱させた上、医師の診察を受けさせずに放置し、3月2日、肺炎による敗血症で死亡させたとしている。

 結愛ちゃんの死亡時の体重は約12キロで、5歳児の平均体重約20キロを大きく下回っていた。体には複数のあざがあった。

 雄大容疑者は2月末ごろに自宅で結愛ちゃんの顔を拳で殴るなどの暴行を加え、けがを負わせたとして、3月3日に傷害容疑で逮捕され、その後、起訴されていた。結愛ちゃんは以前に住んでいた香川県でも2度、児童相談所に一時保護されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ