PR

ニュース 社会

【千葉・9歳女児殺害】「検察の捏造」渋谷恭正被告、無罪を主張

リンさんの遺影を手に千葉地裁に入る父親のレェ・アイン・ハオさん=4日午前
Messenger

 昨年3月、千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=ベトナム国籍=をわいせつ目的で連れ去り、殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた元同小保護者会長、渋谷恭正(やすまさ)被告(47)の裁判員裁判初公判が4日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれた。罪状認否で渋谷被告は「全て違います。検察側の主張は架空、捏造(ねつぞう)されたもので、事件には一切関与していません」と無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、被告の軽乗用車の車内からリンさんと同一のDNA型の血液が見つかったほか、リンさんの遺体から被告とリンさんの2人のDNA型が混合したとみられるDNA型が検出されたと指摘。被告が車内でわいせつ行為や殺害に及んだと主張した。

 また、被告のキャンピングカー内にあったネクタイからもリンさんと同一のDNA型の唾液が検出されたとし、リンさん殺害の凶器となった可能性を示唆した。

 さらに検察側は証拠調べで、リンさんが行方不明になった日の午後3時半から夕方にかけ、被告の軽乗用車が、ランドセルなどが見つかった現場近くを走行していたことを示す防犯カメラの映像を開示。軽乗用車のドライブレコーダーの記録が昨年4月に消去されていたことや、リンさんが行方不明となる日の前日に一緒に通学路の見守り活動をしていた女性に「明日は行けない」と告げていたことなどを明らかにし、「犯行には一定の計画性があった」と指摘した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ